乳腺外科の女性医師からの言葉「ブララボのこの製品こそ女性がもとめるかたち」

先日、バストアップ型シリコンバストとブラジャーを着用くださっていて、「桂子さん頑張って広めて。必要な方に届けてね」と、ずっと応援くださっていたお友達が、旅たちました。その時、彼女はバストアップ型シリコンバストとブラジャーを、お空へも一緒に連れて行ってくださいました。

わたしは「営業」することが嫌で、HPを開いて必要な方が見つけてくださるのを待っているという状態でした。

でも思い出したのが「わたしはもともと桂子さんを知っていたから、こうして製品を知って、オーダーすることができたけど、他の人はどうしたらいいのかな?わたしももし桂子さんを私知らなかったらバストアップシリコンバストに辿りつけたかな?」という言葉です。

正直、病院や患者会にはご紹介に参加させていただいたことも過去にはあり、でも「価値観」が共有できなければ、必要な情報でなはくなり、

わたしはクオリティの高いもの、クオリティの高い満足のサービスの提供をオネストに実行していますが、

必要な方へ情報を届けに行くのではなく、見つけていただけることを待っていました。

でも、このお友達の言葉を思い出して、

「なら、せめて見つけてもらえる努力をもっとしないといけないんだ」と反省。

 

そんなところに、某病院の乳腺の女性医師より、ブララボの製品と装いアピアランスクリエイト協会の装いレッスンについて、お問い合わせをいただきました。

資料を持って伺うとじっくりと1時間半お時間をとってお話ししてくださり、

「ブララボのこの製品こそ、患者さんが女性が望むかたちだと思う」

「装いレッスンは素晴らしい企画です」とおっしゃってくださいました。

そして、「うちの病院でも装いレッスンや展示なんかも企画するからお力ください」と。

もう一度心をクリアにして、広めて、届けることの努力を実施して参ります。

43614961_1997112830345060_1858926837153923072_n

乳がんと診断されたら、ブララボの情報も集めてみてください

乳がんで左右対称の乳房を失ったあなたへ
乳房再建手術に不安があるあなたへ

一度ブララボの情報も集めてみてはいかがでしょうか。

ブララボでは
ワイヤーブラジャーをして
バストラインを整えた時の
広がりを寄せて
下垂をあげたかたち
バストアップ型の
シリコンバストを提供しています。

どんなかたちか想像がつきませんか?

 

自動代替テキストはありません。

あなたが今まで
お洋服を着て
外出をする時に、
当たり前の身だしなみとして
ブラジャーカップに入れて整えていた
かたちです。

身体の中にシリコンを入れる再建手術や
身体に貼るシリコンの人工乳房が
目指しているのは裸のかたちです。

ブララボも再建手術も人工乳房もどれも乳腺やクーパー靭帯でつくる胸ではないので、寝ても横に広がらない、下を向いても下がらない、代替えのバストです。

なので再建手術や人工乳房は
ワイヤーブラジャーに入れることはできません。
健側と同じようには整いません。

だからブララボは新しい選択肢として、
ワイヤーブラジャーに入れたかたちを
つくりました。

あなたの手術痕に合わせた着け心地と
あなたの健側に合わせたかたちを
オーダーメイドでつくります。

体の型取りをしたり、
粘度で模型をつくったりすることで
パーソナルな着け心地とかたちを
約束しています。

あたり前の身だしなみを
当たり前に毎日したいという方にとっては
価値ある選択肢と感じて
いただけるのではないでしょうか。

きっとあなたはヘアスタイルが決まらなくても、
気分が下がったり、
お気に入りのお洋服を着ていない日に、
人前にでるのは嫌だったはず。

自分の外観に愛着を持っていたはず。
いるはず。

手術をしたからバストはしかたないなんて
諦めないで。

神様のバストは取り戻せないけど、
美しく自然なバストラインは
ブララボで取り戻せます。

bralabo.com

スライド05.jpg

 

ブララボアピアランスコーディネーター募集


必要な方へ届けたい


乳がんで乳房に手術をした方が、左右対称のバストラインをとり戻す、アピアランスケア。オーダーメイドのバストアップ型のシリコンバストブラジャーを広めてくださる、ブララボアピアランスコーディネーターを全国に募集します。

 


わたしの想い


価値観は人それぞれです。そしてひとりひとりの価値観や選択は尊重されるべきものです。また乳がんになったからと言って、価値観が塗り替えられるわけではありません。ですので、ブララボのバストアップ型シリコンバストやブラジャーは、乳がんの方が必要というよりも、わたしと同じ価値観を共有したり、センスに共感したりされる方たちにとって必要なものだと思っています。また補正具のような手当てを支援するというスタンスではなく、「自分を整えること」「身だしなみにこだわること」「自分の外観に愛着を持つこと」などから、選んでいただく製品とサービスだと思っています。

 


お仕事内容


ブララボのHPを活用して、ご自身の行動範囲、活動範囲の中で、必要な方にブララボの製品情報をご説明して届けてください。

オーダーをしたいというお気持ちの方がいらしたらブララボにバトンタッチしてください。

詳しい説明や試着や製作については全てブララボが行います。

 


契約内容


業務委託で(雇用ではありません)

ご紹介の報酬はコミット性。オーダーが成立した時点で発生します。

Aイントロシップ Bアンバサダーシップ Cエージェントシップ

と3つの活動スタイルがあります。

詳細はお問い合わせくださいませ。

 


ブララボアピアランスコーディネーターになるまで


1まずはお問い合わせフォームより自己紹介を送ってください。

2お電話で一度お話しして、お互いに納得でたら、お時間を合わせて、東京南青山のブララボオフィスにお越しいただき、説明講習を致します。

*説明講習の内容については別途個別にお知らせいたします。製品のことはもちろんですが、当事者の方の気持ちや感性に心を寄せてお話しができるよう、乳がんのこと治療のことなどの知識や情報、マナーもお伝えします。

3講習内容について認識の確認のメールをお送りするので、回答を書き込み返信してください。

4ご回答を拝見した後、お電話をさせていただき、お気持ちを確認して、お互い納得できましたら、契約書を交わします。

 


その他


講習はすべて無料ですので、初期投資はありません。パンフレットと資料をご希望があればお渡ししますので、ご活用してください。

 


応募対象者


弊社の理念と製品コンセプトに共感していただけて、製品についてしっかりと理解ができ、説明ができる方。

乳がん体験者の方、下着専門店の方、ブティックの方、美容院の方、エステサロンの方、ライフプランナーの方など、乳がんの方にご相談される機会のある方。

情報提供の姿勢で臨んでいただける方。

 


お問い合わせ


下記フォームよりご連絡ください。ご連絡を確認を致しましたら、返信メールをお送り致します。お急ぎの場合、返信がない場合は、お手数ですがお電話をいただけると助かります。090-4931-1472


5/19(土)乳がん体験者への装いLessonを開催致します

再建中や再建後の左右差のカバーをするアイテム選びやコーディネート。

全摘、温存後にリカバリーするブラジャーや代替バストの選び方を、

プロのスタイリストがレクチャーします。是非ご参加くださいませ。

詳細とお申し込みはこちらから

装いアピアランスクリエイト協会についてはこちらから

第一生命様の勉強会で装いアピアランスクリエイト協会の活動を紹介させていただきました

活動日記

4月23日、第一生命川越支店様で、装いアピアランスクリエイト協会の活動について、朝のお勉強会、外部講師としてスピーチさせていただきました。

聞いてくださった皆様、お招きくださった女性ばかり50名ほどの部隊を、仕切るダンディ部長様ありがとうございました。

ダンディ部長様は知人のご主人様で、知人がこの活動に共感から、ご主人様に協会をご紹介くださり、本日に至りました。m(__)m

巡り巡って協会の活動が必要な誰かに届きますように♡

装いアピアランスクリエイト協会では、サポーター企業を募集しております。協賛いただきたいのは、協会活動周知のためのスピーチの場です。何卒宜しくお願い致します。

https://yosooiapcr.com/supporter/

自動代替テキストはありません。

3.11の思い出と。命の続き。

活動日記

2011年、闘病を初めてから数年、病気のことでひとり毎日泣かない日はない、モノクロの日々を過ごしましたが、2018年の3/11は新潟へお客様にブラジャーとシリコンバストをお届けに行きました。

ああ、生命があるとは続きがあること。生命あるおかげで、自分で開発するという、お客様に笑顔で喜んでもらえるという景色が見れました。

そして夜にはお客様からメッセージが。「今日はありがとうございました!第2の人生スタートという感じです。失ったものの中の最大のものを取り戻せました。治療に悔いなし!と思えました!病気になる前よりも幸せです。感謝ですm(_ _)mおやすみなさい

ありがたいです。

そしてご冥福と復興を祈り合掌。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年3月11日の思い出

この年の1月にわたしの乳がんは確定しました。
一時的に名古屋で仕事をとしており、3月に勤めていた会社の本部を東京に移す準備に追われる中でした。

3月11日は本来、名古屋から東京に引っ越す予定の日となったはずですが、

病気が発覚し手術、治療の計画のため、わたしは、実家の新潟に引っ越すことになりました。

新幹線で名古屋から東京にいき、東京のオフィスで一日ご奉公をして、翌日新潟へ。
ということで、

お昼少し前に新幹線にのりました。いつもは東京についてからお昼をとるのですが、珍しくお弁当とお煎餅の袋をかいのりこみました。

しばらくすると、新幹線がとまったり、ゆっくり動いたり。。

空調?事故?社内放送もなく
何にもわかりませんでした。

少し座席がざわついて着た頃、
アメリカの友人から、
地震だよ!今弟からメールがきた!と。

えっ!と思っているうちに、
動いた新幹線は、
止まらないはずの駅に止まり、

社内放送も地震でいつ東京につくか未定と。

キヨスクに、我先にと食べ物をPanicのように買い求める人をみて、怯えました。

そして8時間かけて品川に到着。新幹線のなかでは想像もしなかった光景に驚愕。

心細い中友達がずっと状況とどう動きなさいとメールをくださって、わたしは品川で朝まで過ごしました。

車と、地下鉄動いてるらしいとメールがきて、引っ越しトランクを引きずり、
タクシーを探しました。

車庫にもどるタクシーが、
ガソリンないから、目的地までは無理だけど、
あそこの駅までならと、
助けてくださいました。

東京のオフィスは女の子ばかりの部隊でしたので、
なんとか早くいってみなくてはと、焦りながら。

そして一日東京滞在を伸ばして、新潟に帰りました。

シリコンバストの詳細はこちらから

乳房再建手術後の左右差にも。「カップ厚みの調整」が効果的

乳がん美姿法

BRALABOでは、バストの左右差を補正するために、カップ素材を2枚重ねる調整を承っております。

生まれつきの左右差の方にもご利用いただいておりますし、乳がんの再建手術のあとの左右差のある方もたくさんご利用くださっております。特にインプラントの方は左右差がキレイに改善できます。

パッドは下側しかボリュームがつくれずカップ上辺が浮いてしまうため、BRALABOではカップの厚みを調整するという方法で対応しております。

またシリコンバストが術後6ヶ月経過し、状態が落ち着いてからでないとおつくりしませんので、早くブラジャーを着けたい。結婚式やパーティへの出席があるなどの方からのご要望にお応えして、ブラジャーカップと同じパターンでピッタリ合わせるウレタンの、仮バストもおつくりしております。重さのビーズも入れたシリコンバストと同じバストアップ型です。☆シリコンバストをつくられる方に仮におつくりするもので、これだけのご提供はしておりません。m(__)mご了承くださいませ。

BRALABOの詳細はこちらから

 

28058696_1687248291331517_8243414201199373823_n.jpg

28279722_1687253557997657_3231543157225188000_n.jpg

 

乳がんと生命保険とQOLと

乳がん美姿法

BRALABOオリジナルの乳がん手術後のアピアランスケア=シリコンバストは、医療行為、医療器具ではありません。下着と装いのプロの立場から考えた、外観つくりのアイテムです。

開発当初、わたしはきれいになるために楽しく使ってほしい。と、ネイルチップや付け睫のように、お洒落アイテムとして考えようとしてました。

お客様も、ウィークポイントがこだわりに変わり、スタイルにも自信が持てるようになり、お洒落が楽しいです!と、おっしゃってくださっています。

でもその後、お客様のお話しの奥の方に耳をすましてみて、はっと気づかされたことがありました。

わたしと職人は、シリコンバストに改善点はないのか?進化できることはないのか?を試みる努力をしています。職人が、夏場汗をかきやすい方のために、シリコンバストに空気穴をあけたサンプルをつくりました。水玉模様状態に穴をあけました。

これをお客様に試し感想をいただくことをお願いしました。

一ヶ月後、お客様が、穴のある方が、より汗は気にならないかな。と、ベターであることの感想とともに、しかしこの穴のあいたベターにそれ以上フォーカスすることなく、さらりとお戻しくださいました。(ように、感じました)

わたしはこちらの方がお気に召されたら、作り直させてもらうことも考えていたので、それほど効果的ではないのかな。と思いながら受けとりました。

このことが頭から離れず、ずっと考えていました。そしてまた別のお客様が、シリコンバストはおふろに入ったときに一緒に洗ってますと、お話しくださり、、はっ!

ご本人にとってバストメイク型シリコンバストは、乳房なんだ!ものじゃないんだ!と。

利便を考え穴をあけましたが、穴があくとそれはやっぱり、もの化します。乳房に穴があったら嫌ですね。。。おっぱいだもの。

わたしは下着と装いのプロでお洒落行為、お洒落アイテムを考え、つくっているに過ぎないので、乳房のかわりをつくっていると考えてしまったら、とてもおごれているので、あえてそうは考えないことにしていたのですが、

女性の大切なお体を担当させていただいているのだと感じました。

そしてわたしが今考えているのが、ブララボのブラジャーとバストメイク型シリコンバストが、生命保険会社の補償の対象にしてもらえないかなということです。

調べてみると医療行為、器具でないと対象にはなっていないようですが、ウィッグも医療器具と認められてないものの、保険会社によっては、負担しているガン保険もあるようです。素晴らしいです。生命と女性のQOLの相関をとられておられるのですね。

バストが左右揃って、お洒落ができたら、生命も輝きます。生命保険会社様と、一度お話をさせていただきたいと切望し、次なる行動を思案しております。

シリコンバストの詳細はこちらから

財界新潟に取材していただきました

活動日記

昨年の12月、新潟で乳がん検診に力を入れておられるプラーカ中村クリニック様、ガン哲学外来カフェを主催されているウィッグのスヴェンソン様、音楽療法活動をされているサウンディングジョイジャパン様のご協力の元、「cheer woman project」として、講演会を開催しました。

「いつまでもわたしらくあるために」がテーマで、乳がんではない方、乳がん体験者の方もすべての女性を対象に中村院長からは超音波検診の情報提供を、わたしからはBRALABOのシリコンバストについて情報提供をいたしました。

事前に新潟日報に告知記事を掲載いただいたこともあり、30名ほどの方が起こしくださり、活発な質問もあり、まさに他人事ではない女性のための会となりました。

財界新潟様がその時の様子、またわたしの想いを本当に良く理解して記事にしてくださいました。

よろしければ読んでくださいね。

昨年はシリコンバストについて、オラクル元気projectメッドプレゼン女性起業project、そしてこの主催したcheer woman projectと、スピーチをして発信してきましたが、今年はBRALABOのシリコンバストだけではなく、もっと多くの情報コンテンツを用意して発信する必要を感じて、「装いアピアランスクリエイト協会」を発足しました。

こちらの活動にどうぞご期待くださいませ。

「装いアピアランスクリエイト協会」を発足した理由をご覧いただけましたら幸いです

 

27971776_1680615375328142_5823022130797197887_n.jpg

 

25994938_1624229647633382_3885274286680037188_n.jpg

24296712_1602251616497852_5865793783440513028_n.jpg24294416_1602251639831183_8745988999030301168_n.jpg