乳房再建の目的とは?

2017年の夏、術前抗がん剤中に、
ブララボのホームページを見つけて
来られたお客様に、
ブララボを選んだ決め手はなんでしたか?
と改めてお聞きしたら、
当時の気持ちをご主人に報告して
まとめてあったというリポートをくださいました。

失った乳房を取り戻せるなら取り戻したい。
それ以上の理由などいらぬ当たり前の気持ちです。

しかし、一歩立ち止まり、冷静に
「再建」の意味定義を認識し。

取り戻すという行為を目的にせず。

元通りにはならないことを受け止めて。

再建の意味を成すものを探されたリポートです。

術前抗がん剤、手術、放射線と
苦しき時期に何度もお会いしましたが、
1度も憂いた顔も嘆きの言葉も涙も
見せられなかった、30歳のママ。
女優の堀北真希さんに似た容姿以上に
その姿勢がわたしの印象に残っています。

そして
シリコンバストをお渡しした日の
例えばアネモネのような
柔らかな花びらのツボミが、
朝方の光の中
ふわあっと静かに開いたような笑顔。
スローモーションで
脳裏に焼き付いています。

わたしの方が
涙をこぼしてしまいました。
今でも思い出すと胸が熱く、
良かったですね。ハグハグという
気持ちになります。

 

ご許可をいただきお名前を伏せそのまま掲載させていただきます。

「誰かの役に立ったら嬉しいです」とのメッセージもいただいております。

ご自身の当時のリポート.jpg
ご自身の当時のリポートp3.jpg
ご自身の当時のリポートp4.jpg
ご自身の当時のリポートp5.jpg
ご自身の当時のリポートp6.jpg
https://bralab.com

さらに安心安全なプロダクトを届けるために、開発中

モヤモヤっとごめんなさい🙇‍♀️

デザインの技術による
在り方の意義や価値を提供することと
もうひとつ、

バストアップシリコンバストの
さらなる
品質向上に向けて

ブララボ仕様の
シリコンの素材の開発を
お願いしていたのですが、

第一報が♡
ご協力いただいてる企業様に感謝。
ありがとうございます。

美しい(かたちやデザイン性)
強い(機能)
優しい(安心安全)
プロダクトを生んで参ります。

52634626_2201509213238753_250659372340871168_n.jpg

 

元どおりにならないことを知った上で、新たな形での喜びがある

乳がん罹患者体験者の気持をお聞きする
サポート活動をされている方のところには、
再建についてのご相談も多々あるそうです。

その方がこんなことをおっしゃってくださいました。

「元どおりにならないことを知った上で、
新たな形での喜びが必ずあると思います。
ブララボは医療行為という非日常と、
生活を楽しむという日常の架け橋なんだね」

実際にブララボを使ってくださってのお言葉です。

わたしがブララボが目指しているのは、
まさに、こういうことなんですね。

失った身体を取り戻すことはできないから、
本物にはなれないから、
リアルでないことを苦しまない、
そんな気持ちを超える💫
リアルを超える
新たな美しいデザインと機能、
ご本人の綺麗な外観を届けたい。
喜びを届けたい。

そうなることを目指しています。

52188038_2193479464041728_7916193139679821824_n.jpg

52358981_2193479477375060_7155417804353568768_n.jpg

52602924_2190386504351024_6267052652954124288_n.jpg

乳がんになったからって美意識も、こうありたいも、変えたくないあなたへ。

ブラジャーのフィット感の肝!は

ワイヤーを
乳房と身体の間の溝
=バージスラインに
ひっかけて着けること。

でも
ワイヤーカーブが合っていなかったり、
ワイヤーサイズが合っていないと、
ズレるのです。

だから、乳がん補正ケアとして
バストアップ型シリコンバストは、

お客様のエイジングケアブラジャーの
ワイヤーカーブ、ワイヤーサイズと
合わせて作っています。
(=自分のバストのバージスラインと
同じに作っています)

だから乳房を失う前と
同じクオリティで
フィット感も、左右対称も
享受できるのです。

乳がんになったからって
美意識も、こうありたいも
変えたくない。あなたへ。

#日常生活のQOLにこだわる
#左右対称のクオリティにこだわる
#違和感痛みキズを負いたくない
#手術はしたくない
#簡単に楽に装着したい
#自由になりたい
#そう思う方にお役に立てると思います

 

お問い合わせはこちらから

52001134_2191925144197160_109932432425222144_n.jpg

乳腺外科の医師からブララボを教えていただいた、お客様がオーダーに

乳腺外科の主事医がブララボを教えてくれました。とお電話をくださったお客様。

いろいろと自分で工夫をしているけど、

思い通りには(左右対称には)ならないし、ズレるし、、とお悩みがいろいろ。

皆様そうですが、まずはW社さん、K社さんなどで

ブラとシリコンの栗型のバストパッドを購入されて、

さらにオリジナルな工夫にトライされて、、いらっしゃいます。

ブララボのバストアップ型シリコンバストを見て、

「あーこれならいいわ!左右対称になる!自分のかたちだし、簡単に着けらる!」とご納得。

そして、ワイヤーブラジャーはずっと着けてないから、、と恐々着けて、

わたしが「どうですか?」とお聞きすると、

「??!!着けてないみたい!軽くてなんにも締め付けない!」とご納得。

オーダーを決められたので、来月新しいバストを作らせていただきます。

新年は、新しいいバストで自分らしく胸を張って!スタートできそうですね。

埼玉医科大学総合医療センターの乳房再建のドクターからお問い合わせをいただきました

奇跡的にブララボのホームページを
見つけてくださった、
大学病院の形成外科の医師のおかげで

乳腺外科、形成外科の医師の皆様に
ブララボの
ブラジャーとバストアップ型シリコンバストの
パッケージについてお話しさせていただきました。

目からウロコ!
そうソコが必要なこと!
そういうことなんですね!
納得!
すごくいい!

と、パッションある
ご反応で聞いてくださり、

さらに、
もし
作りたい方がいたら
西沢さんが病院まできてくれる?
とおっしゃってくださいました。

先生方はおひとりおひとりの患者さんの
お顔を思い浮かべて、
わたしに質問くださっているご様子。

また、
患者ファーストなドクターにお会いできました。

追伸。形成ドクターより、
コンセプトが新しく患者様に非常に役立つ製品だと思いますと、メールをいただきました。

ブララボがシリコンインプラントより有益なポイント

ブララボの乳がん体験者のためのアピアランケア
=バストアップ型シリコンバストってなんなの?
他とどう違うの?何がいいの?

バストアップ型シリコンバストの
革新性は「バストアップ型」ということです。

これは再建手術、人工乳房、既製品パッドには、無いかたちです。

有益性は「手術痕の型取り」と
「健側をワイヤーブラで整えたかたちへの模型調整」で
つくり上げることです。

これは再建手術、既製品パッドには無い、出来無いつくり方です。

バストアップ型を型取りと模型調整でつくり上げることで、
活用性、フィット性、左右対称性、の高いクオリティを
お約束しています。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

乳がんと診断されたら、ブララボの情報も集めてみてください

乳がんで左右対称の乳房を失ったあなたへ
乳房再建手術に不安があるあなたへ

一度ブララボの情報も集めてみてはいかがでしょうか。

ブララボでは
ワイヤーブラジャーをして
バストラインを整えた時の
広がりを寄せて
下垂をあげたかたち
バストアップ型の
シリコンバストを提供しています。

どんなかたちか想像がつきませんか?

 

自動代替テキストはありません。

あなたが今まで
お洋服を着て
外出をする時に、
当たり前の身だしなみとして
ブラジャーカップに入れて整えていた
かたちです。

身体の中にシリコンを入れる再建手術や
身体に貼るシリコンの人工乳房が
目指しているのは裸のかたちです。

ブララボも再建手術も人工乳房もどれも乳腺やクーパー靭帯でつくる胸ではないので、寝ても横に広がらない、下を向いても下がらない、代替えのバストです。

なので再建手術や人工乳房は
ワイヤーブラジャーに入れることはできません。
健側と同じようには整いません。

だからブララボは新しい選択肢として、
ワイヤーブラジャーに入れたかたちを
つくりました。

あなたの手術痕に合わせた着け心地と
あなたの健側に合わせたかたちを
オーダーメイドでつくります。

体の型取りをしたり、
粘度で模型をつくったりすることで
パーソナルな着け心地とかたちを
約束しています。

あたり前の身だしなみを
当たり前に毎日したいという方にとっては
価値ある選択肢と感じて
いただけるのではないでしょうか。

きっとあなたはヘアスタイルが決まらなくても、
気分が下がったり、
お気に入りのお洋服を着ていない日に、
人前にでるのは嫌だったはず。

自分の外観に愛着を持っていたはず。
いるはず。

手術をしたからバストはしかたないなんて
諦めないで。

神様のバストは取り戻せないけど、
美しく自然なバストラインは
ブララボで取り戻せます。

bralabo.com

スライド05.jpg

 

10月はピンクリボン月間です

10月になりました。
ハロウィンも楽しみたいですが、
10月はピンクリボン月間です。

ピンクリボン運動とは、早期発見早期治療を啓発し、乳がんで命を落とすことを撲滅することを目的とするものであり、「乳がん撲滅」ではありません。

またキャッキャッとしたお派手なチャリティパーティなどしても、乳がんを撲滅することなどできないことを、品性知性ある皆様には知っていただきたいと思います。

また乳がんの早期発見早期治療のための
啓発をすると同時に、
乳がんについて知ってみる。学んでみる。
ということの啓発こそが
大切ではないでしょうか。

何故なら、早期発見早期治療のために
検診を受けるということは
発見=乳がん告知を受ける。こともある。
ということになります。

早期治療をするということは、
乳房にメスを入れて手術をする
ということになります。

抗がん剤や放射線、抗ホルモン治療は
必要なく実施されない方もたくさんいますが

手術はマストです。

乳がんの早期治療とは乳房切除です。

また乳房再建手術がどういものか?
どういうメリットデメリットがあるのか?
自分の望みが叶うのか?

生きていく先々のことまで考えて、
選択していきたい。

でも早期発見したら
とにかく命のことで精一杯。
その混乱した中、
目の前の判断だけで精一杯です。

だから治療後の人生のために、
正しい情報を探し掴み
自分で考えて
自分らしさをデザインして行くために。

「乳がんをまずは知ってみる」
ということが必要だと思います。

自動代替テキストはありません。
42834682_1984737311582612_6566493087021924352_n.jpg19424149_1448085281914487_2423759363755111723_n.jpg