バンタン ランエジェリーデザイン科。コンサルテーション

先日の日曜日、はバンタンデザイン研究所
ランジェリー デザイン科の講師デイでした。

基礎コースはブランディングマップにて
生徒さんがブランドの設計を発表。

応用コースは工場へ依頼したサンプルができあがり、
縫製仕様についてのフィードバックをわたしから。

個々のコンサルテーションをするためには、

色々な角度からのセンスへの理解が必要なので、

雑誌や広告のディレクションをしていた時のように

普段からアンテナを張って、いろいろな引き出しをつくっています。

真剣に向き合って、
気づいていない深い追求を促したり、
ちょっと厳しいことも言ってしまっているかも
知れないけど、

生徒さんは皆、受け止め、咀嚼し、発展させる道を
知ってらっしゃるので、わたしも熱くなります。

 

さらに安心安全なプロダクトを届けるために、開発中

モヤモヤっとごめんなさい🙇‍♀️

デザインの技術による
在り方の意義や価値を提供することと
もうひとつ、

バストアップシリコンバストの
さらなる
品質向上に向けて

ブララボ仕様の
シリコンの素材の開発を
お願いしていたのですが、

第一報が♡
ご協力いただいてる企業様に感謝。
ありがとうございます。

美しい(かたちやデザイン性)
強い(機能)
優しい(安心安全)
プロダクトを生んで参ります。

52634626_2201509213238753_250659372340871168_n.jpg

 

元どおりにならないことを知った上で、新たな形での喜びがある

乳がん罹患者体験者の気持をお聞きする
サポート活動をされている方のところには、
再建についてのご相談も多々あるそうです。

その方がこんなことをおっしゃってくださいました。

「元どおりにならないことを知った上で、
新たな形での喜びが必ずあると思います。
ブララボは医療行為という非日常と、
生活を楽しむという日常の架け橋なんだね」

実際にブララボを使ってくださってのお言葉です。

わたしがブララボが目指しているのは、
まさに、こういうことなんですね。

失った身体を取り戻すことはできないから、
本物にはなれないから、
リアルでないことを苦しまない、
そんな気持ちを超える💫
リアルを超える
新たな美しいデザインと機能、
ご本人の綺麗な外観を届けたい。
喜びを届けたい。

そうなることを目指しています。

52188038_2193479464041728_7916193139679821824_n.jpg

52358981_2193479477375060_7155417804353568768_n.jpg

52602924_2190386504351024_6267052652954124288_n.jpg

バストアップ型シリコンバストは、健側のただの反転では作っていません

ブララボのバストアップ型シリコンバストの

体に当てる面は、
体の型取りをして反映させるので、
ピッタリとフィットします。

そして膨らみは、
左右対称につくるために、

実は、
目で見たり触ったりしたら
有るはずの部分を作らなかったり、
逆に無いディテールを創作したり、

特別なデザインを施しています。
これはフォーマット化できない
個々への工夫です。

つまりただ残った側のバストを
機械的に反転しても
左右対称を仕上げることはできないうこと。

わたしたち作る者の
アナログでライブな
判断と施策の技術が、
かたちの高い完成度と
お客様の高い満足度の決め手です。

bralabo.com

乳がんになったからって美意識も、こうありたいも、変えたくないあなたへ。

ブラジャーのフィット感の肝!は

ワイヤーを
乳房と身体の間の溝
=バージスラインに
ひっかけて着けること。

でも
ワイヤーカーブが合っていなかったり、
ワイヤーサイズが合っていないと、
ズレるのです。

だから、乳がん補正ケアとして
バストアップ型シリコンバストは、

お客様のエイジングケアブラジャーの
ワイヤーカーブ、ワイヤーサイズと
合わせて作っています。
(=自分のバストのバージスラインと
同じに作っています)

だから乳房を失う前と
同じクオリティで
フィット感も、左右対称も
享受できるのです。

乳がんになったからって
美意識も、こうありたいも
変えたくない。あなたへ。

#日常生活のQOLにこだわる
#左右対称のクオリティにこだわる
#違和感痛みキズを負いたくない
#手術はしたくない
#簡単に楽に装着したい
#自由になりたい
#そう思う方にお役に立てると思います

 

お問い合わせはこちらから

52001134_2191925144197160_109932432425222144_n.jpg

インドから!?お客様がリピートに!

インドから?!
お客様がリピートに!

約一年半ぶり。

少しほっそりされたなあと思ったら、
アンダーが細くなり、その分
バストのカップが上がってました。
EからFへ^_^

今日のオーダー出来上がったら、
もう今つけてるのは捨てますね。
これからはもっと早く来ますと(*≧∀≦*)
以前と同じく3本オーダー。

でも本当にカップのかたちも変わらず、
レースも擦り切れてない。
大切にしてくださっていたのね。
※ブラは消耗品です。

そして雰囲気がスッキリと
明るいオーラだったので、
何か変わりましたね。と言ったら、

前に、西沢さんのところにきて、
いろいろお話しして
帰りには、なんか吹っ切れた感じで!
あと、このブラジャーのおかげで
身体の調子が良くなったのかな?

と、嬉しいことを。

※ちなみに乳がんのお客様ではありません。

油絵の画家であり、
着物の柄を描き染付けをされる
デザイナーであるお客様。

今年秋頃には開発したい
あるアイテムの構想をお話ししたら
共感いただけて!
コラボできるかも♡

ブラジャーにご興味のある方はこちらをクリックしてください

ノンワイヤーブラは楽?

ノンワイヤーブラやブラトップは
楽というイメージがありますが、

活動するときは、
バストが無防備で、揺れて、
楽でないと思います。

またノンワイヤーブラやブラトップを
習慣的に着けていると、
バージスラインがボヤけてきて、
バストが平たくなります。

ワイヤーブラはバストのボリュームを
突出度=高さに置きますが、
ノンワイヤーやブラトップは、
バストを横幅=広さとして置くからです。

そしてワイヤーブラとは
バストに引っ掛けて着けるものなので、
平たくなると、
ワイヤーが引っかからずズレます。

ふむふむ、えっー!と納得しつつ、
でもワイヤーブラって。。
と思われる方は、
是非ブララボにお越しください。

ワイヤーカーブと
アンダーベルトの寸法取りが、
市場とは違うオリジナルルールで作った
ブララボのブラジャー、

またフィッティング方法も
簡単ですが市場とは違うオリジナルな
セルフできちんと着けれる
ブララボのフィッティング方法、

着けた人だけがわかる、
リピート90%の実力派です。

 

51996351_2187953667927641_1757661120451051520_n.jpg

ブラのご購入にご興味ある方はこちらをクリック

 

 

 

3月「手術はしない乳房再建」個別セミナーのご案内

バストアップ型シリコンバストとブラジャーのパッケージによる、手術はしない乳房再建セミナーを開催致します。あなたに合うか情報を集めにお越しください。

3月9日(土)10:00〜17:00
3月10日(日)10:00〜17:00
3月16日(土)10:00〜17:00
3月17日(日)10:00〜17:00
3月21日(木)10:00〜17:00

所要時間:おひとり90分程度
場所:ブララボ 表参道駅から5分(根津美術館の前です)
無料です

下記お問い合わせフォームより、ご予約の上お越しくださいませ。お電話でもどうぞ090-4931-1472

☆☆☆☆

乳房再建の新しい選択肢として、「バストアップ型」「確実な左右対称性」を実現するシリコンバストと、専用のブラジャーをご紹介致します。

手術や人工乳房は裸になった時を基準にした「下垂型」を目指しているのに対して、ブララボはブラジャーをした時を基準にした「バストアップ型」を提供します。

1洋服を着ている時間のQOLを重視
2左右対称のクオリティにこだわる
3かたちや身体的違和感を負いたくない
4手術をしたくない
5簡単に楽に装着したい
という方にとって
お役にたつ情報になることと思います。

[ セミナープログラム概要 ]
1. バストアップ型とは
2. バストアップ型と下垂型それぞれの有益性
3. 自家組織、シリコンインプラント、人工乳房、バストアップ型シリコンバストについて
4. バストアップ型シリコンバストと専用ブラジャーの説明
5. ご試着

 


お問い合わせ・ご予約


下記フォームよりご連絡ください。ご連絡を確認を致しましたら、返信メールをお送り致します。お急ぎの場合、返信がない場合は、お手数ですがお電話をいただけると助かります。090-4931-1472

 


SHINDOUさんでシリコンバストの応援をいただきました

バンタンの生徒さんのサンプル作成の
援護のために、資材メーカーシンドウさんに来ました。

ブラジャーの材料は、
ものつくりの聖地オカダさんやハンズにも
無いものがたくさんあるし、
かといって、資材やさんが、
1つとか1メートルとか販売はしないので、
レースなら最小ロット600メーターとかな。。。

ご協力いただけるところを、わたしがアポイントしております。

そして、そして、シンドウさんは
シリコンを扱っておられるとのことで、
シリコンバストのこともいろいろお話しを
しましたら、

ななんと!

この分野はロールモデルがなく、
ただひたすら考えて開拓して
トライ&エラー、エラー、エラー
という感じできましたが、

拡販する既製品の企画や
販促としての企画の
アイディアをくださった!
それも、頑固なわたしでもかなり
腹落ちするもの。

銀行も経営コンサルの方でも
腕組はしても
アイディアをいただいたことは
一度もない!の。

その上、
うちの会社だったら
こんなコラボができるよ。
そしたら情報発信もできるよ!と

こんな具体的な応援を、

言われたのは初めて!

パリにもショールームがあり、
東コレのデザイナーさんも頼りにしている
メーカーさんが!

生徒さんのために人肌ぬいで動きまわったら、
こんな思いもよらぬ
お話しが舞い込みました。

この種を近いうちに芽吹かせることができるよう考えていきたいと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外